HOME>特集>葬祭で肝心要となるのが費用になるからサービスがポイント

プランの仕組み

葬儀会場

相模原の葬儀社のほとんどが、『セットプラン』や『基本セットプラン』という名前で葬儀一式をいくつかのグレードパックにしたプランを用意しています。このプランの善し悪しの見分け方のポイントは、プランの中に何が含まれているのかがよく分かるようになっているかどうかです。ホームページやパンフレットに写真とともにセット内容が分かるようになっていればいいのですが、葬儀社によってはプランの中に何が含まれているのか、よく分からないものがあります。そうした仕組みを理解できないなら、しっかり説明を聞きましょう。

後々、回収できる

相模原の葬儀のセットプランは、『松竹梅』のようにグレードが設けられているから、不明瞭さのない価格設定のサービスとしては問題ないでしょう。例えば、Aプラン250万円、Bプラン200万円などのグレードでラインナップされていますが、予算的に一番下のランクだと思いながらも、一番安いプランだと故人も不憫だし、世間体も悪いような気がしてしまう、そうした遺族もいるでしょう。かと言って、ムリをさせる葬儀社ばかりではありません。香典やお悔やみで葬儀費用のすべてをまかなえる、そうしたサービスも提供されています。